パソコン教室

インスタDMで変換ができない、濁点が打てない不具合が発生


4月1日、正午頃よりInstagramのDMメッセージで、変換ができないという不具合が発生しています。

エイプリルフールの嘘かと思いましたが、実際に変換がうまくできなくて困っている人が手数いる模様です。

今回は、不具合の原因と対策をまとめます。


インスタDMで変換ができない

突然本日4月1日正午頃より、InstagramのDMメッセージで変換ができないと言う報告が多発しました。

実際に打ち込んでみると全然変換できません!

突然ニコちゃんマークが出てきたり、クスッと笑ってしまう不具合ですが、メッセージが送れなくて困っている人もたくさんいます。


変換ができない、濁点が打てない不具合発生

どうやら、濁点や小文字の^_^マークを押すとそのままニコちゃんが表示されてしまうようですね。

なので、平仮名しか打つことができません。

全然文章にならず、相手にも送信できずにいる人が多数発生しています。

キーボード入力を変えてみても同様に、ローマ字入力にしても、そのままローマ字が確定されていってしまいます。


変換できない不具合の原因は?

今回のアップデートが原因のようです。

Instagram 181.0 へのアップデート以降に発生している模様で、最新版アプリの不具合が原因です。


不具合の対策は?

今回の不具合は、iPhoneのアップデートの際の最新版アプリと、標準キーボードの組み合わせによって発生しているものと思われます。

なので、標準キーボード以外のキーボードアプリをインストールして使うことで改善される可能性があります。

しかし、インストールしている暇はない!

と言う人のための方法は、DMメッセージの検索窓に文章を入力してコピペすることです。

検索部分に打ち込む文字は通常通り変換もできました。濁点も打てます!

その他、メモアプリなどに入力してコピペしてメッセージのやりとりを行うと言う方法が一番楽かもしれません。

この問題は修正版アップデートの提供を待ち、アップデートするまで改善できないので、それまで上記の方法でしのぐことをおすすめします。


まとめ

InstagramのDMメッセージで発生している不具合についてまとめました。

今回は、アップデートの最新版アプリで発生しているようなので、残念ながら、修正版のアップデートを待つしかありません。

それまで不便ではありますが、コピペで対応するしかなさそうです。

なるべく早く修正版がリリースされるのも期待したいと思います。